気になるニュースやトレンド

「姉ちゃんの恋人」6話のあらすじとネタバレ!!(ドラマ)

姉ちゃんの恋人の第6話のあらすじとネタバレを書いていきます。

とうとう第6話目に突入したドラマ「姉恋」。

①桃子と真人②日南子と悟志③みゆきと和輝

3組の恋はこれからどうなっていくのか、続きが気になりますよね。

というわけで、ドラマ「姉ちゃんの恋人」の第6話のネタバレとあらすじ、展開を予想を書いていきます。

この記事では、「姉ちゃんの恋人」を途中から見た人や見逃した人でも、楽しめるように各話のリンクを張っています。

ぜひ最後まで読んでいってくださいね。

あなた(仮)
あなた(仮)
いよいよ。6話目ね
後輩ちゃん
後輩ちゃん
今回もキュンキュンさせてもらいましょう。
物知りお姉さん
物知りお姉さん
3人とも違う恋愛模様で楽しめるわね。

「姉ちゃんの恋人」前回のあらすじ

桃子と真人

桃子に過去に自分が犯した事件を正直に話した真人。

その話を受け止めた後、気持ちを抑えきれなかった桃子は真人を抱きしめてしまいます。

悟志と日南子

かたくなに自分のことを隠そうとする悟志。

実は悟志は桃子や日南子が働いているホームセンターの代表取締役の後を継ぐ人物だったことが分かる。

みゆきと和輝

和輝は姉の桃子に2人は付き合っていることを話そうとするが・・・もうちょっと待ってとみゆきに止められる。

「姉ちゃんの恋人」6話のあらすじとネタバレ

12月1日の放送日以降に追記していきます。

物知りお姉さん
物知りお姉さん
ここからがネタバレになるわよ。
後輩ちゃん
後輩ちゃん
心の準備はOK?ならクリックしてね
ネタバレが大丈夫ならココをクリック!!

桃子に過去を話す真人

感情を抑えきれずに真人を抱きしめる桃子。

その場面を見ていた悟志。

桃子に抱きしめられたが、去ろうとする真人。

しかし、真人の腕を掴んで桃子は・・・

私、嫌です。嫌だこんなの絶対嫌・・・うう・・・だってせっかくやっと私・・・、好きな人に合ったんだから

だからこれで終わりとか、もう会わないとか絶対嫌、嫌だ。

泣きながら自分の気持ちを告げた桃子。

しかし真人は・・・・

桃子が優しくつかんだ腕をゆっくり外して「ごめん」と言って立ち去って職場に戻る。

真人が戻るのを悟志が待っていた。

泣きながら帰る桃子。

桃子「絶対嫌だからね!!」と夜空に向かって叫ぶ桃子。

物知りお姉さん
物知りお姉さん
桃子の手を振りほどいて去ろうとした真人。これは切ない

真人と悟志

仕事中に膝カックンをして真人にちょっかいをかける悟志。

さっきまで真人と桃子を見ていた悟志は、仕事を辞めたら絶対ダメだよと注意する。

桃子と付き合うことになっても、仕事を辞めてもダメ。

桃子と付き合うことは否定する真人。

上手く行っても、上手く行かなくても、辛くても絶対やめるなと真人の事を心配する。

大好きだって言ってたよなこの仕事。

ココを辞めて、また新しい女の子、好きになって辞めるのか?

その繰り返し?

真人「何だよそれ。(辞める原因)女の子ばかりじゃないですか。」

とにかく辞めるな!!分かったな。

お前がいなくなったら俺めちゃくちゃ寂しいじゃん。

真人「分かりました。(桃子)大丈夫かな・・・・」

空いた窓から、月を見て振ってしまった桃子の事を思う真人。

あなた(仮)
あなた(仮)
今時、膝カックンって悟志さん。

叔父と話す桃子

家に着く前に泣き顔を直してた桃子。

家の前では叔父さんが待っていた。

何やら話がありそう。

いつもみゆきと話していたコンビニ前で話すことになる。

川上菊雄「保護司の仕事で、面倒見たり、相談なんか、しに来てくれる男がいるんだ。」

川上菊雄「いい奴でな俺大好きなんだよ。」

うんと頷く桃子。

川上菊雄「吉岡真人って男だ

自分の保護司の担当が真人という事を話す。

ビックリする桃子。

そして、付き合うことを真人に断られた事を話す桃子。

川上菊雄「さっき言われたのか、あいつに」

桃子「うん」

川上菊雄「桃子は好きなのか?真人」

桃子「うん」

川上菊雄「そっか」

桃子「反対(する)?」

川上菊雄「ははっ、分からねえんだよ」

自分が何をしたいのかも分からなかった川上。

その気持ちを桃子に伝える。

自分の気持ちを伝える。叔父

川上「真人は本当にいい奴。だから大好きなんだよ俺。」

でも、前科のある男と桃子が付き合う事実に「え?」って思ってしまった。

ずっと見てきた2人にウソをつくのはイヤだったから。

自分の気持ちを話してくれた叔父に「ありがとう」と伝えた桃子。

桃子「私が自分で決めるから、叔父さんは、私が決めた事を応援して・・・お願い」と話す桃子。

川上菊雄「分かった・・あん時と同じにな・・分かった・・・そうする・・ありがとう」

後輩ちゃん
後輩ちゃん
川上さん。桃子にも思いをぶっちゃげたのね。

安達家に戻った桃子

和輝は桃子の帰りが遅いので、みゆきに桃子と話しているか確認する。

しかし、みゆきからは桃子とは一緒にいないと返事が来る。

帰りが遅くなったのは、みゆきと話していたと嘘をつく桃子。

いつもと様子が違う桃子に気付いて「泣いていたな?・・・失恋?・・こないだの(見に行った)人?」と確認する弟たち。

いつもどうり、気付かない振りしようと話す。

物知りお姉さん
物知りお姉さん
空気を読もうとする弟たち。いい子ね。

弁当屋藤吉にて

真人の事を話す貴子と藤吉。

真人君は桃子に過去を話したの?

分からないけど・・・そんな気がすると返す貴子。

「辛い思いしなければいいけど」なあと真人の事を心配する藤吉。

真人は、自分が辛いのは大丈夫。

だけど自分のせいで周りの人や誰かが辛かったり、悲しんだりする方が耐えられない。

そういう所がある。

真人の性格を語る貴子。

話を切り替えて、クリスマスに向けて頑張ろうと意気込む2人。

桃子の事を思い出す真人。

桃子と初めて話しをしたベンチにいる真人。

桃子と話していた時の記憶がよみがえってしまう。

「吉岡さんみたいな人はバキバキした人と付き合ったりしたらいいんじゃないですかね?例えば私みたいな。」

「地球復活しました。」

真人「何でここ来ちゃうんだよ。(忘れたいのに)思い出すに決まってんじゃん。」

後輩ちゃん
後輩ちゃん
それは桃子の事を想っているからだよ真人。
物知りお姉さん
物知りお姉さん
分かる。好きな人との思い出の場所にふらっと行っちゃう時あるわよね。

真人と3兄弟。

ベンチに座ると野球ボールが飛んできて真人に直球。

「すいませーん」と心配する3兄弟。

痛がる真人

「あっ」

お互いに気付く。

職場で見らていた事に気付いていた事を話す真人。

何で桃子の弟だって気付いたかと尋ねると・・・

真人は「それ」といって3男(朝輝)が来ているパーカーも桃子が来ていた事を話す。

笑って納得する4人。

昨日、桃子が泣いていた事を何かありましたか?聞く和輝

「何もないよと」真人は答える。

良かったと安心する3兄弟。

後輩ちゃん
後輩ちゃん
ここで安達家の3兄弟と会うって運命だよね。

思い出の場所に来てしまった桃子。

家に帰る途中、真人と話したベンチを通った桃子。

桃子「ここは思い出しちゃうじゃん」

独り言をつぶやく。

そこには3兄弟とキャッチボールをしている真人の姿が・・ビックリして移動販売車の看板に隠れてしまう桃子。

しばらく様子を見てしまう。

和輝が大学生?優輝が高2?

会話をしながら、弟たちは3人の将来の事を真人に話す。

3兄弟と仲良く話す真人。

桃子とは衣食住や生活の事を良く話すと真人に教える。

真人「いいねぇ、素敵だね」

長男の和輝が「食」

次男の優輝が「住」

末っ子の朝輝が仕方なく「衣?」

衣食住、兄弟といわれた事を楽しそうに話す4人を、笑顔で見つめる桃子。

みゆきとの会話を思い出す和輝。

みゆきと喫茶店で

大学の事や将来の事をみゆきと話す和輝。

これからテレワークが流行っていって、住宅も衣も変わっていく。

衣食住。

安達家は堅実で未来ある感じとみゆきが話す。

みゆきに対して「じゃあ、結婚しても安心できる感じだよ。俺って」と和輝は積極的。

そういう事は軽々しく口にするものじゃないと和輝に注意するみゆき。

「戦争が起こるよ・・戦争が・・・」と小声で話すみゆきに「意味が分からない」と不思議がる和輝。

自分は旅行業界で働いていること神様に悔やむみゆき。

あなた(仮)
あなた(仮)
みゆきさんは神様にお願いや懺悔を良くするのね。

4人の会話に戻る

みゆきとの会話を話している時にデレデレしていた事を突っ込まれた和輝。

楽しそうに会話をしていた4人。

タイミングを見計らって、桃子が静かにズルズルと坂を下り近づこうとするが・・・・

真人が桃子の好きな所

姉ちゃんのどこが一番好きですか?

いきなり、桃子の好きな所を聞いた優輝(次男)。

その事が、気になった桃子は近ずくのを辞めて話しを聞こうとする。

真人は、困りながら、答えようとしたが・・・

桃子は坂を滑り落ちてしまい4人に気付かれてしまう。

滑り落ちてきた桃子を受け止めた真人。

すいませんと謝る桃子。

質問の続き聞きましょうか?と話す桃子。

仕事の時間だと言いわけする真人。

「いってらっしゃい」と真人を送った桃子と3兄弟はキャッチボールをしながら話す。

後輩ちゃん
後輩ちゃん
これは気になるし聞きたい。

真人と悟志

職場で働いている真人と悟志は休憩時間なり、桃子と弟たちの話をする。

桃子の弟たちは可愛かったと話す。

悟志の兄弟の話題になるがどうやら、8人兄弟で2人はあったこともないらしい。

可愛かったり、楽しかったり、好きだったり、(真人は)しんどくなるなあ。

逃げてもいい時があるが、真人にとってそれは今ではない。

今は逃げてはダメ絶対‼乗り越えるんだと話す。

「はい」と返事をする真人

桃子とみゆき

2人はコンビニ前で話す。

長い話をした桃子。

何で桃子みたいないい子がそんな辛い恋をしないといけないのか?

と怒るみゆき。

告白しても断られたことを話した桃子。

桃子「どうしたらいいけど分からない。でも(真人の事は)好き」

私は「反対」と桃子のためを思って伝えるみゆき。

桃子の恋を反対するみゆき

親なら絶対反対する!!といって反対をするみゆき。

叔父さんだって言わないんだったら、尚更そういう人は必要。

反対する人を説得、納得させるには・・・「(桃子が)幸せになるしかない」

だから私は反対しする「そんな奴やめとけ」

悔しかったら「だから言っただろ」と言われないようにしなさい。

真剣に聞く桃子。

最近キスをしていないと嘆く桃子。

みゆきの話を聞こうとするが、桃子の話が重すぎて出来るわけないと伝える。

「頑張れ・・・違う・・・反対だから」と言葉を送ったみゆき。

あなた(仮)
あなた(仮)
みゆきは桃子の事を思っているんだね。
後輩ちゃん
後輩ちゃん
ハッキリNOと言ってくれる友達必要だよ。

仕事が終わってバーに来た日南子。

バーで今日の仕事中の事を思い出す。

仕事に集中するために葛藤する桃子を心配そうに遠くから様子を見る日南子たち。

桃子の様子がおかしい。

悩んで帰ろうとすると・・・・

悟志がバーにやってきて日南子に気づくとどうした?(帰るの?)と質問をする。

桃子の事が心配で(恋よりも)友情を選びますと話して「すいません」とバーを後をする。

悟志を振り切ったことで「偉い私×2」と自分に言い聞かせながら沙織を呼び出して2人で桃子の話を聞くことにする。

後輩ちゃん
後輩ちゃん
日南子さんカッコいい。(少し痛いけど・・)
あなた(仮)
あなた(仮)
こういう先輩良いなあ。

桃子の話を聞く日南子と沙織

安達家で桃子・日南子・沙織の3人で話をする。

桃子の相談に乗る日南子。

2種類の仲間がいると人は幸せだと話した日南子は桃子に質問をする。

①辛い時があった時に、何でも話せる友達はいる?

桃子「(みゆきが)います」

②何も聞かずにバカやって一緒に笑ってくれる人は?

桃子「・・・」

日南子「私たちはバカ担当だ。あんたを笑わせるそれは絶対力になる。」

感謝する桃子。

桃子の家で見かけたツイスターゲームをやり盛り上がる3人。

後輩ちゃん
後輩ちゃん
3人とも立場が違うけど仲いいのね。

外でバスケットボールをする兄弟

桃子の事について、俺たちじゃあ限界があるし、日南子さん沙織さんが来てくれてよかったよと話す弟たち。

物知りお姉さん
物知りお姉さん
きちんと空気を読んで、家を出る弟たち。

捨てられた椅子に座り写真を撮る臼井さん

貴子が夜中歩いているとゴミ捨て場で椅子に座りながら写真を撮る臼井さん。

不審に思った貴子は「何をしているのですか?と聞く」

焦った臼井さんは自分の趣味を写真を見せながら説明する。

臼井「最後に座るとなんか(椅子が)喜んでいるような気がするんです」

「では」とあいさつをして去る臼井さん。

壊れた椅子を見た貴子。

翌朝の吉岡家

家に帰ってきて、貴子が持ってきた壊れた椅子に気付いた真人はなにこれ?と質問。

直すようにお願いした貴子。

「腕がなるね」と医師の修理を引き受けた真人。

椅子の壊れ具合見ている時。

桃子からLINEが「会いたいです お話したいです」の文字が送られてくる。

あなた(仮)
あなた(仮)
桃子からこのLINEは行くしかないわよ。

観覧車の前で桃子と待ち合わせ

真人がしゃべる前に・・・観覧車に乗りましょうと誘う桃子。

観覧車に乗りながら会話する2人。

桃子「真人さんは私に付き合えないし、恋人にはなれないと言いました。」

真人「はい」

桃子「分かりました」

真人「あ・・はい」

最後にお願いがあります。

事件の本当の事を聞かせて欲しい。

(真人の隣に座る桃子)

真人に正直な事を聞かせて欲しいと聞こうとする。

自分だけが悪いと話してしまう真人に対して、実際に真人がどんなことを思ったり感じたりしたのか?知りたい。

普段の真人は弱音や言い訳を言わないから。

観覧車に乗っている時だけ弱い気持ちを言える人になって欲しい。

世界には私と真人さんしかいない。

だからお願いします。

と桃子は頼む。

(分かった)と頷く真人に笑顔で優しく頷き返す桃子。

物知りお姉さん
物知りお姉さん
寄り添って真人の話を聞きだそうとする桃子は積極的で優しのね。

自分の気持ちや思った事を正直に話す真人

警察に連れていかれて俺は・・・

あの人たちを、ケガさせた事やお酒を飲んだことは事実だけど

別に酔っぱらって訳がわかなくなっていないし。

俺は自分の恋人を守っただけだって思ってた。

怖かったよ。

恋人と歩いていたら、知らない男たちにいきなり、殴られて彼女は路地裏みたいなところに連れていかれて怖かった。

ケンカなんて人生で一度もしたことは無かったし、人なんか今まで殴ったことが無いんだ。

怖かった

でもさ..俺は大切な人を守らないと、いけないと思ったし。

こいつら許せないと思ったし。

怒りの気持ちっていうか夢中でやった。

やらないと恋人が・・・その。

犯されるっていう状況だったから(仕方なく)やった。

頭の中が感じた事もないような訳が分からない感じで

でも絶対好きな人は守りたくて・・怖かったけどこの手でやった。

でも、警察の人に彼女は襲われてはいないと証言していて、訳が分からなくなった。

自分の頭がおかしかったのか?

何もないのに、俺がブチ切れてあいつらを殴ったのか?

俺ってそういう奴なのか?とも思った

警察にいた時はそれまで自分の人生がどうこうなってしまうって思っていなかったけど・・・

え?俺ってどうなるのか?このまま人生終わってしまうのか?

だって、彼女が嘘を言うなんて思ってもいなかったから。

母だったか、弁護士さんが彼女の家の人が彼女にそういった評判が付くのを恐れて、そういう証言をしたんだろうって言われて。

驚いたけど・・・(実は)嬉しかったんだよね。

あぁ、俺の頭がおかしいわけじゃないんだ。ってそう思って

俺がそれを飲み込むことで自分の恋人を守れたことになるんだなあって

そう思って。

彼女を守れるんだなあって・・・・だから否定しなかった。

刑務所行くのも怖かった。

後悔もたくさんした。

言いたかったけど諦めもした。

でも・・・親に悪いなって申し訳ないなあって思って・・うう・・・ごめん。

上手く喋れないごめん。

(泣きながら話す真人)

あなた(仮)
あなた(仮)
桃子は、とうとう真実を聞くことが出来たのね。
物知りお姉さん
物知りお姉さん
真人の事を信じたからここまでの真実にたどり着けたのよね。

桃子の決意と3度目の告白

さっき言った事「恋人になれないの・・・分かりました」と言ったけど撤回すると話す桃子。

そして真人の事を・・・「もっと・・もっと・・好きになっちゃいました・・・ごめんさい・・・なっちゃいました・・・ふふふふっ」

泣きながら笑顔で気持ちを伝える桃子。

涙を流した真人、

そして、真人の涙を優しく指で拭って手を握り。

桃子「一緒に泣こう・・・で・一緒に笑おう・・・ね」

優しく語り掛ける桃子。

そして

私の恋人になってください。

3回目の告白をした桃子。

ナレーション(高橋海人)

姉ちゃんは生きていくうえで必要なのは衣食住なんだって教えてくれた。

でも、こうも言った・・・

生きるだけじゃなくて、強く生きるために必要なのは誰かを大切に思うことだ・・・

誰かを大切に思えばきっと相手も思ってくれる。

そう言う人がこの世界に入れば強くなれる。

その人の為に生きようって思えるから。

ピンポーン、ピンポーン

観覧車が終わりの合図を告げる

「もう一周しようか?」と話す真人。

「はい」と笑いながら返事をする桃子。

泣きながら笑う2人。

真人は小さくつないだを手をいったん軽くほどいて大きく開いた。

その手をしっかり握る桃子。

吉岡家で完璧に修理された椅子が写る。

そして、端には地球儀のマークが。

あなた(仮)
あなた(仮)
観覧車のシーンは実際にドラマを見て欲しいなあ。
後輩ちゃん
後輩ちゃん
真人の性格を理解していた桃子は優しいし、これは切ない。
物知りお姉さん
物知りお姉さん
実際に私が涙を流してしまったシーンね。
姉ちゃんの恋人第6話のまとめとネタバレ
  • 真人が職場から去ろうとすることを必死で止める悟志。
  • 桃子の弟たちと仲が良くなった真人。
  • 悟志よりも桃子の方を取った日南子。
  • ボロボロの椅子を直した真人。
  • みゆきと和輝は桃子には付き合っていることはまだ内緒。
  • 川上さんは保護司で真人が自分の担当だったことを桃子に伝える。
  • みゆきは桃子と真人の恋を反対。
  • 桃子に事件について自分の思った事を正直に話した真人。
  • 桃子は真人に3度目の告白で付き合う事に。

姉ちゃんの恋人6話の展開と予想

ここでは姉ちゃんの恋人の第6話の展開と予想をしていきます。

放送前に書いた、予想記事を読む時はここをクリック

真人と桃子

過去のトラウマと罪悪感で、好きだった桃子を振ろうとした真人。

付き合えない理由と自分の過去や思いを桃子に正直に話す。

しかし、桃子は私はあなたを絶対に不幸にさせない。

という言葉を聞いて、過去の事を忘れて桃子の事を受け入れていこうとする。

桃子の家庭に呼ばれた真人

真人の過去を桃子が受け止めたことで一気に絆が深くなった2人。

行動派で積極的な桃子は、弟たちを紹介するために真人を家に呼ぶ。

仕方なく桃子の家で鍋パーティーに参加する真人は困っているが嬉しそう。

安達家みんなと鍋を囲って会話をする。

特にサッカーが好きな朝輝(三男)と真人話が盛り上がる。

みゆきと和輝

真人と付き合っていることを正直に話して家に呼んだ桃子。

自分も正直に話そうと、和輝は桃子に親友のみゆきと付き合っていることを話す。

びっくりする桃子と弟たち。

そういえば、最近みゆきの様子がおかしかったことを桃子は思い出す。

過去に人の気持ちが分かる優しいイケメンになるように教えた桃子は、みゆきを傷つけたら絶対に許さないと話して二人の交際を認める。

また、みゆきに対しても和輝の事をよろしくお願いしますと改めて挨拶をする。

彼女のかおりが登場する

桃子のおかげで過去を忘れかけた真人だったが、元彼女のかおりが登場する。

真人に謝罪をするかおり。

かおりは何故、真人が捕まった時にキチンと事実を証言しなかったのか?

それには理由があった。

事件の真相が明らかになった真人はショックを受ける。

かおりは、今度はきちんと事件の時の証言をすると発言。

辛いけど証言をしてもらえれば過去に縛られることはもうない。

しかし、解決しようと行動すればまた、辛い思いをすることになる。

どうすればいいか迷う真人。

川上さんと桃子に相談する真人。

桃子の願い

桃子はきちんとかおりに証言してもらい真相を明らかにして欲しい。

という気持ちがあるが、解決するまで真人に辛い思いをさせたくないという気持ちもある。

でもやっぱり

桃子の性格上、事実はハッキリさせた方がいいと話す。

もし上手くいかなくても・・・私は真人の事を信じるし、不幸にはさせないと伝える。

川上菊雄の思い

川上さんは、彼女に証言してもらい無実を証明するかどうかは、真人君が好きなようにすればいい。

もともと無罪だった事については、私は真人君信じる。

と伝えた。

2人の思いを聞いた真人は、無実を取り戻す為に彼女に証言してもらう事を決める。

悟志と日南子

悟志は自分がホームセンターの代表取締役の事を日南子に内緒にしていた。

しかしとあることがきっかけで、日南子に社長だとバレてしまう。

自分が働いていたホームセンターの社長だということを知り、さらに舞い上がってしまった日南子。

そして、悟志のことを知りたい日南子は次々と質問をする。

家庭環境や家族を正直に話す悟志。

そして、日南子に対しての気持ちを正直に伝える。

最後のまとめ

3組のそれぞれが思いをぶつけた結果の展開になりました。

桃子と真人は障害があっても、乗り越えて、順調に進むように思えますが、このままでは終わらないのがこのドラマ。

また、悟志さんの事情や次の展開も気になります。

あなた(仮)
あなた(仮)
このドラマ、泣きたい時に思いっきり泣いてすっきり出来そう。
物知りお姉さん
物知りお姉さん
次も楽しみにしてるわ。
後輩ちゃん
後輩ちゃん
桃子と真人いったいどうなっちゃうんだろう。

次回の放送は、12月8日です。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

ドラマを実際に見たい人の為にリンクを張り付けておきますね。

Tver(ティーバー)無料で視聴「姉ちゃんの恋人」第6話(12月8日の21時まで)のリンク

ABOUT ME
kinokuni0308
最近はソファーで愛犬とゴロゴロしながらTVドラマを見ることにハマっています。 シニア犬のシーズとミニチュアダックスフンド×トイプードルのミックス犬(子犬)の合計2匹の犬と生活していてとても毎日にぎやかで楽しい生活を送る中、他の愛犬家と愛犬の健康と幸せをモットーに情報を伝えて行こうと、このサイトを立ち上げました。