気になるニュースやトレンド

「姉ちゃんの恋人」9話のあらすじとネタバレ(ドラマ)

「姉ちゃんの恋人」9話のあらすじとネタバレを書いていきます。

 

12月22日に放送される「姉ちゃんの恋人」9話のネタバレあらすじと今後の展開を予想して行こうと思います。

この記事では、ドラマ「姉ちゃんの恋人」を途中から見た人も楽しめる様に、過去の話へのリンクも張り付けております。

ぜひ最後まで読んでいってくださいね。

目次

「姉ちゃんの恋人」9話のあらすじとネタバレ

姉ちゃんの恋人9話(最終回)のネタバレはドラマが放送されれる12月22日に追記していきます。

あなた(仮)
あなた(仮)
ここからネタバレね。
後輩ちゃん
後輩ちゃん
心の準備は大丈夫?
物知りお姉さん
物知りお姉さん
12月29日までなら見逃し配信やっているわよ。

無料で視聴できるカンテレドーガ(8CH)

無料で視聴できるTVerへのリンク

ネタバレが大丈夫ならココをクリック!!

安達家でクリスマスパーティー

桃子と真人が家に到着してクリスマスパーティーが始まる。

「ただいまー」とあいさつをする桃子・

「お邪魔しまーす」とあいさつをする真人。

迎えに来てくれた3兄弟。

「お帰り」「どうも」とお互いに挨拶をしあう3兄弟。

家に上がる真人。

「人の家に入るの何年振りか・・・不思議な感じ」と桃子に話す真人。

桃子「うん・そっか・・・大丈夫?」

真人「うん」

みゆきに挨拶をする真人。

桃子の家に入って「へー」と感心する真人。

桃子からLINEでみゆきの事を紹介されていた真人。

みゆきを発見。

真人「あ、あの」

みゆきに挨拶をした。

真人「どうも吉岡です。」

みゆき「浜野です。どうも」

真人「桃子さんの親友で、和輝君の(恋人)・・・」

「あっはい」と答えて照れる一輝。

みゆき「すません。なんか(照れる)」

真人「あと・・あれなんですよね。(桃子との交際は)反対派・・・・」

真人「そうなんです‼反対派。」

お互いに「よろしくお願いします」とあいさつを交わす。

ケガをしていた真人に気付いたみゆき。

しかし、桃子がみゆきに顔で「聞かないで」と合図する。

そうこうしているうちに弟たちが料理と準備を完成させた。

料理を見て「すげー」と感心する真人。

優輝は「メインはトマト鍋です」

真人「え?」

朝輝「嘘です(笑)」

真人が1話で桃子にトマト鍋パーティーの事を「あり得ない」と言っていた事を兄弟たちは知っていた。

真人「そういう。へー分かった(笑)」

和輝「これね、みゆきが買ってきた。(差し入れのワイン)」

桃子「あ!?(睨みつける)」

和輝「嘘・ウソ・みゆきさんが買ってきた。」

勇輝「姉ちゃん・・・・目が怖い」

「あーやだぁ」とブリッ子をしてごまかす桃子。

用意が出来て座る6人

全員が椅子に座った所で・・・・

和輝「真人さん(飲み物)どれにします。」

真人「あー。、えっとこれにしよかな?」

ビールを選んだ真人。

真人「ずっと飲んでいなかったから、ちょっと、もういいかなって・・」

桃子「うん」

乾杯の言葉

桃子の言葉でパーティは始まる。

今年一年みんな頑張りました。

だから来年もきっと良い1年になると思います。

個人的には良い1年になりました。

ありがとうメリークリスマス。

乾杯をするみんな。

お酒を口にした真人。

その様子を見て笑顔になる桃子。

全員で「いただきまーす」と料理を食べる。

みんなの今の悩みと目標。

少し時間が経って、毎年の安達家恒の行事をすることに・・・

その行事とは今の悩み事や心配事を話すこと。

相談とは違って言うだけ。

それに対して聞いたみんなは何も言わない。

知って、受け止めるだけ。

もちろん真人とみゆきも参加する。

和輝は希望していた食品会社の就活を目標。

今年は採用人数が少ないらしい。

就活浪人の先輩を見ていてきついし辛くて怖い。

優輝は建築系の公立の大学受験の合格を目指しているけどハードルが高くて中々成績が上がらないで悔しくて悩んでいる。

朝輝はサッカークラブは順調。

良いにくいんだけど・・・姉ちゃんと真人さん・にいちゃん(和輝)にみゆきさん。

恋人が出来て嬉しいんだけど、何かが起こってバラバラになるのが不安になるのが嫌。

みゆきは失業者だから不安。

仕事が無いのすごく嫌。

自分の父親の会社が潰れて、そっから結局立ち直れなかった。

仕事やる気無くして。

そのせいで母親も・・・パートをしていたりすぐに辞めちゃって苦労していた。

仕事が嫌だ嫌だといつも言っていた。

どんどん腐っていった。

だから仕事無いの怖くて、一番は仕事探しかな。

真人は、最高に楽しいクリスマスで、こんな事もう、自分の人生では無いと思っていた。

好きな人が増えると心配も増えて、自分にせいで好きな人たちが嫌な思いにならないと良いなってすごく思っています。

桃子は、私は今はすごく幸せ。

誰も嫌な思いをして欲しくないと思っている。

でも今がすごく幸せだから・・・今が幸せのピークなのは嫌って思う。

その嫌な事を想像して時々泣いている。

そして桃子は考えていた夢を語ろうとする。

いよいよプレゼント交換。

お互いのプレゼントを好感し合って盛り上がる6人。

みゆきと一緒にいた時に100ショップで買ってきた物を和輝は紹介する。

その事を聞いて恥ずかしがるみゆき。

買ってきたタスキを出す和輝。

タスキの文字はなんと・・・・

みゆきにかけたタスキには「弟の彼女」という文字。

みゆき以外のみんなが笑う。

みゆきは笑っている真人に「場合じゃないですよ」と伝えて・・・真人にもタスキが掛けられる。

真人にかけたタスキには「姉ちゃんの恋人」という文字が入っていた。

「ありがとうございます」とお礼を言う真人。

日南子の恋。

仕事が終わり。

いつものバーで一人飲んでいた日南子。

フォクリフトにぶつかりそうになった時に「危ない社長!!」と警備員さんが悟志に声を掛けた時の事を思い出す。

日南子「社長ねぇ」

日南子「(悟志さんは)就任前に職場を知るためにこっそりと働いていたのかな?」

日南子「(だから私に感情は無い)それだけのことか」

悟志が日南子の後に現れる。

悟志が現れる

悟志「あー隣いい?」

日南子と話す悟志。

日南子「仕事変るんだってね?知らなかった。何で教えてくれなかったのぉ?」

日南子(ダメダメ責めちゃダメ。いい結果には、なら無いから)

悟志「えっとさ・・・・ちょっと・・・バタバタして落ち着いたら話があるんだ!!」

日南子(ほらねぇ。前の彼と同じパターンか、悟志さんの顔近くで見るのも今日も最後になるのかぁ)

日南子が過去に振られた彼氏と全く同じ答えをした悟志。

日南子「分かった。楽しみにしてる。」

悟志「してて!!(笑顔)」

翌日のホームセンター

日南子と桃子が事務所にいると何やら社長が変わるという事が話題になっていた。

社長の息子で噂では5男。

日南子「へーそうなんだ。楽しみだね新社長。」

新社長就任のパーティーがホームセンターで開かれるので従業員の家族や仲の良い人も連れて来て良いらしい。

淡々と仕事をする日南子。

弁当屋の藤吉にて

母の貴子と藤吉に新社長就任パーティーに誘う真人。

嬉しくてはしゃぐ貴子と喜ぶ藤吉。

和輝とみゆき

12月23日になり公園でお互いにプレゼントをする2人。

プレゼントを交換することに。

箱を開けると、プレゼントの中身はなんとまったく同じマフラーだった。

みゆき&和輝「えー(笑)」

みゆき「嬉しい」

みゆきは、プレゼントが同じだったことが嬉しい気持ちを伝える。

みゆきの気持ち

やっぱり7歳の年の差って、ギャップとかあるだろうし(感覚が)ずれていたら嫌だなって思っていたから。

そんな事思わなくていいのかな?

和輝「うん・・そ・だね」

みゆきの告白

和輝に好きだって。言って貰てたのが嬉しくて。

なんか、それにただ乗っかっているような事はちょっと嫌です。

みゆき「私も好きです。」

和輝「うん」

みゆき「本当に和輝が好き。」

和輝「うん」

みゆき「もう・・仲良し卒業したいです。」

和輝「うん」

みゆき「恋人になりたい。」

キスをするみゆきと和輝

和輝「本当に、やったー最高。・・えへっへっへ」

和輝「ちょっと待って寒いね」

2人で1つのマフラーを掛け合う2人。

和輝「なんか同じで混ざっちゃう。溶け合っちゃいそう」

和輝「みゆきさん」

みゆき「ん?」

みゆきの頬にキスをした和輝にビックリするみゆき。

ビックリしたみゆきの顔を見て笑う和輝。

みゆき「どこで覚えたそいういう事。こらっ」

和輝「みゆきさんもう一回する?」

みゆき「はっ?」

新社長のあいさつ

桃子の職場では、新社長のあいさつが始まるとアナウンスが流れる。

新社長のモニターに写された人物は・・・

悟志だった。

悟志「おはようございます。本日より社長を務めます。高田悟志です。」

桃子「えーーー!!」

悟志が社長に就任。

ビックリする桃子、そしてみんな。

日南子の顔を見る桃子。

日南子「ねえぇ?(苦い顔をする)」

桃子は、真人に新社長が悟志だという事をLINEで送る。

家で寝ていた真人は桃子のLINEに気付く。

桃子の携帯から送られた、悟志のあいさつを聞いて「マジ・・・か・・うわーーー」と声を出す真人。

みんながいなくなった後。

沙織と桃子は

「ねぇ。どういう事。」と日南子に聞く。

日南子は悟志の事を、就任前にみんながどういう気持ちで働いているか?不満とかを知る為に働いていた。

それがウチだった。

会社の為にチーフである自分(日南子)にも近づいた。

そして

社長にメールを送っていた私の本音も知ることが出来た。

だから、悟志は自分の事は何も想っていない。

桃子と沙織にそう話す日南子。

桃子「えーだとしたら嫌だなぁ。そういうの嫌いだなぁ私」

日南子「そうだよ。決まってるじゃん。しょうがないよ」

職場に出る日南子と桃子と沙織

会社に社長の車が到着。

悟志が1階の売り場に登場。

桃子が気付く、そして沙織も気付いて笑顔になる

日南子が行った逆の方向から悟志が歩いてくる。

コツン・コツン・コツンと足音が聞こえる。

スーツ姿の悟志。

悟志は花束を持っている。

日南子以外のみんなが悟志の登場に気付く。

桃子に気付くと笑顔を送る悟志。

悟志のプロポーズ。

ツリーをいじっている日南子。

悟志は後ろから声を掛ける。

悟志「日南子ちゃん」

日南子「え?」

悟志に気付いた日南子。

悟志「市原日南子さん」

日南子「はい」

悟志「俺はずっと君を好きでいる自信がある!!」

悟志「俺をずっと好きでいてください。」

悟志「その為ならどんなことでもする」

悟志「結婚してください。」

日南子「本当ですか?」

悟志「ダメ?」

日南子「ダメって訳・・・」

悟志「お願いします。」

花束を日南子に捧げる悟志。

みんなが見守る。

涙ぐんだ日南子は

「一つだけ条件があります」と話す

日南子の条件

「(結婚しても)このまま仕事続けてもいいですか?この仕事大好きなんです。」

悟志「宜しくお願いします。市原チーフ。」

泣くながら花束を受け取った日南子。

みんなに拍手が送られる。

「ありがとう」とお礼を言う日南子。

開店のアナウンスが流れる。

持ち場に就くみんな。

日南子「社長!!その、花落ちている。拾って」

悟志「え?あ、はい!!すいません。、、、あ、社長として最初の仕事だこれ(笑)」

日南子「最高」

悟志に抱き合った日南子。

悟志がプロポーズした動画を取っていた桃子は真人に送る。

ビックリした真人。

真人「え?えええええ?悟志さんどうした!?」

車で移動する悟志。

運転しているのは、警備員さん。

何かを見つけた、車を止めて欲しいと悟志が頼む。

椅子を見つけた悟志は写真を撮る。

サンタさんにメリークリスマス

女の子「サンタさんどうぞ。サンタさんプレゼントあげてばっかりだったからプレゼント」

前にクリスマスプレゼントをあげた女の子から、クリスマスプレゼントをもらった新之助。

新之助「ありがとう。」

女の子「じゃあね」

ホームセンターを帰っていく女の子は地球儀のキーホルダーに気付くいて手に取る。

コーナのファンだった女性から誘われる省吾。

女性「あの・・・行きますかカウントダウン」

省吾「え?はい行きます。いつもみたいにはできないでけどね。」

女性「一緒に行きませんか」

省吾「え?俺とですか?」

女性「(省吾の)このコーナー好きなんです。ずっと好きでした・」

省吾「はい!!・・喜んで・・あの今夜、時間は・・・」

今夜2人で話す約束をした省吾と女性。

臼井さんの椅子

臼井「あっ」

悟志が送った椅子の写真を見て気づく臼井さん。

桃子と日南子に捨てられた椅子に座るシリーズを話す。

思い出の椅子を語る臼井さん

臼井「子供の頃に大好きだった椅子が母親に勝手に捨てられちゃって」

臼井「慌てて探しに行ったんだけどもう無くて。」

臼井「最後のお別れも言えなかった」

写真を見ると子供の頃に座っていた大好きな椅子だった。

その証拠に「うすいはじめ」と椅子に名前が書いてある。

日南子「ホントだ!!」

桃子「あ‼」

日南子に休憩を取って、今すぐ言って来いと許可を貰う。

臼井「ありがとうございます」

椅子の写真を撮りに行く臼井さん。

椅子には「うすいはじめ」名前が書いてある。

椅子に座って写真を撮って再度のお別れをする。

真人と川上

川上さんとキャッチボールをしている真人。

川上さんを恋のキューピットだと伝える。

藤吉を訪ねた安達3兄弟。

3人にきずいた藤吉「お・・イケメン3兄弟」

貴子に挨拶に来た3兄弟。

貴子「どうもいらっしゃい。吉岡です。」

弟達「どうも」

貴子「これからパーティー一緒に宜しくね。」

弟達「はい!!」

藤吉が自己紹介をしようとすると・・3人の弟は「真人さんから聞いています」と話す。

藤吉「ちょっと悪いんだけど、手伝ってくれない?」

弁当屋を手伝うことになった3人。

ホームセンターのクリスマスパーティー

夜になり、クリスマスパーティーがホームセンターで開催される。

みんなに挨拶をする安達3兄弟。

沙織の子供と旦那も来ている。

臼井さんと福代さんの家族も。

藤吉も貴子も。

真人も会場に到着。

笑顔になる桃子。

社長が登場。

社長の後ろを歩いていた警備員さんに気付くみんな。

警備員さん「すいません社長秘書のうらがわと申します」と挨拶。

なんと警備員さんは社長秘書だった。

悟志が挨拶をする。

悟志「メリークリスマス!!」

みんなが「メリークリスマス」と復唱をして拍手をする。

悟志を見て「なんだよ‼最高かよ!!たまらん!!」とはしゃぐ日南子。

悟志と真人の関係

お偉いさんに挨拶をする悟志。

その様子をみてむこうに行く真人。

真人を見つけた悟志は・・後ろかな真人に膝カックン。

真人「おおおおっ。」

悟志「よ!マナティ」

真人「子供か?・・・・子供社長か(笑)」

抱きつく真人。

そして悟志も抱き付く。

遅れて付いたみゆき

みゆきは遅れて来ることを和輝から聞いた桃子。

到着したみゆき。

みゆきはなんだか嬉しそう。

みゆき「神様ね・・・・神様はいる。イブの夜に仕事が決まった!!」

喜ぶ桃子と和輝。

走って駆け寄ってくるみゆきに抱き付かれようと桃子と和輝は両手を広げるが・・・・

みゆきが抱き付いたのは桃子の方。

みゆき「ごめんね和輝。歴史が違う」

納得する和輝。

しばらくたって・・

周りを見る桃子。

みんな楽しそう。

真人の母親と聞いて貴子に挨拶する悟志。

みゆきを紹介する和輝。

作った料理を褒められる藤吉。

椅子の写真送ったのが自分だと臼井さんに話す悟志。

真人は桃子に向こうへ行こうと方向を指さす。

真人に手を引っ張られれついていく桃子。

真人は桃子を呼び出した。

みんなが盛り上がる中会場を抜け出して1階のクリスマスツリーの前に立つ2人。

ツリーを見ながら「こいつのおかげだよね。」

全てはクリスマスイベントから始まった。

桃子「うん」

真人「やっぱりこのツリーの前かなと思ってさ」

桃子「何が?」

真人「ずっと(告白)桃子の方からばかりで・・・そうさせちゃったし」

ツリーの前で告白された事を思い出す真人。

バーベキューデートでの告白。

過去を話した時に抱きしめられた事。

観覧車での告白から手を握られた事。

始めて手をつないだ時も桃子から。

ずっと桃子が勇気が出る様に自分に積極的に行動を起こしてくれた。

キスをする桃子と真人

真人「イブだし・・・このツリーの前でキスしていいかな。」

桃子「ええっ(笑)それ聞く」

桃子「お願いします。」

真人「嫌だったら。嫌だし」

真人「うん」

真人からキスをする

キスをする2人。

僅かに時間が経って。

少し笑って「もう、嫌だ」と照れる桃子。

真人の胸と肩を叩く。

笑い合う2人。

「世界中にさイブの夜、仕事の人たくさんいると思うけど俺たちが一番幸せだよね。」

「仕事で良かった。」

そしてまたキスをする真人と桃子

翌朝のホームセンター

クリスマスのセットを片付けたみんな。

メインである地球儀の大きなオブジェが飾られる。

OK‼

「あげてください。」

吊り上げられる地球儀。

そして

2021の大きな文字に世界各国の文字で・・・

あけましておめでとう。

ハッピーニューイヤー。

などの文字が書かれていた。

拍手が送られる。

企画を提案した真人にも・・・・拍手が送られた。

照れる真人。

それからの桃子と真人

海沿いの道を歩く桃子と真人は手を繋いで歩いて喋る。

桃子に話す真人。

車の事、簡単に克服なんてできないし。

できない事があってもいいと思う。

出来ない事があっても不幸ではない。

きっとできない分。

他の事でも幸せな事があるから。

ゆっくり進んでいこう。

桃子「うん」

海に到着した2人

海の砂場で敷物を敷いて座る2人。

真人がコーヒーとカフェラテをも桃子に選ばせる。

真人「どっちでもいいよ。」

桃子「こっち」

真人「はい」

桃子「ありがとう」

ふふふっと笑い合う2人。

ナレーション(高橋海人)

生きるてことは、ずっと幸せってやつに片思いすることかもしれないね。

でも片思いは切ないけど・・・・楽しいよね。

確かに今僕らが暮らすこの星は傷ついて弱っているのかもしれない。

でも・・・今を生きる僕らが幸せにちゃんと片思いしていればきっと大丈夫。

この星は壊れない

そうだよね。姉ちゃん。

公園でつまずく小学生の女の子。

思わず駆け寄る川上さん。

「大丈夫」と声を掛ける。

女の子は、あの時ホームセンターで買った、地球儀のキーホルダーを川上さんに見せる。

そして、桃子のバッグにも同じ地球儀のキーホルダーが付いている。

真人からの告白

真人「桃子みたいな人はさ・・・こう・・何て言うのかな?」

真人「ふわふわとかフニャフニャとかしている男が良いかもね」

真人「例えば俺みたいな。」

桃子「え?え?・・・え?」

桃子「言おうと思っていたの?いつから?」

真人「やっぱり忘れて恥ずかしい。」

桃子「イヤ絶対忘れない。死ぬまで忘れない。」

桃子「忘れない‼」

桃子が思っていた幸せ。

想像していた幸せを真人に語る桃子。

桃子が思っていた幸せとは・・・・

桃子・3兄弟・真人・みゆき・貴子さんのみんなが幸せそうに笑顔で安達家で朝ごはんを食べている事だった。

「姉ちゃんの恋人」前回までのあらすじ

「姉ちゃんの恋人」8話のあらすじとネタバレ!!へのリンク

過去を完全に断ち切った真人。

桃子と一緒に歩いていた時に真人の元彼女の香里にバッタリと出会ってしまった真人。

「会ってもう一度話をしたい。」

という香里の頼みから桃子と一緒にかおりと話をすることに・・・・

香里は、事件の事で真人に謝って謝りきれないと謝罪をする。

対して真人は「あの事件があったからこそ、桃子と出会えた。」だから、今は恨んではいないし怒ってもいないと話す。

桃子と出会うために過去に辛いことが起きた。

今はそう思える。

その言葉を聞いて感動する桃子。

そして

香里のことはせっかく自分が守ったのだから、幸せになって欲しいと話す。

真人の言葉を聞いて泣いてしまう香里。

桃子と歩いているときに男2人に絡まれてしまう。

しつこく絡んでくる男2人組。

桃子を連れ出そうとするが・・桃子を必死で傷つきながら守り切りった真人。

桃子と真人は笑いながらクリスマスパーティーが開催される家に入ろうとする。

悟志の事をあきらめた日南子。

移動することを教えてくれない悟志に対して日南子は、もう追うことをやめて悟志の事を忘れようとしていた。

みゆきにとって和輝は天使

みゆきは、姉である桃子には言いにくいが・・和輝は辛い時があっても笑顔で優しく癒してくれる突然、現れた天使のような存在。

だから「神様はいる」と話す。

ここまでで8話は終わります。

「姉ちゃんの恋人」9話の展開と予想

ここでは姉ちゃんの恋人9話を放送前に予想した内容を書いていきます。

放送前に書いた、予想記事を読む時はここをクリック

桃子と真人

真人のほうから桃子に告白。

真人からは一度も告白をされていない桃子。

しかし、今度は真人が桃子対して気持ちを伝えることに。

真人「桃子みたいな子はさ・・・」

キスをする2人。

イブの夜は飾りつけで仕事の真人と桃子。

真人「世界中でクリスマスイブに仕事の人はいるけど・・・・俺たちが一番幸せだね・・」

そう桃子に話した真人。

真人「イブだしキスしていいかな?」

出来上がったクリスマスツリーの下で、真人のほうから桃子にキスをしていい?と聞く。

桃子「ええっ(笑)?それ聞く?」

そして

キスをする2人。

桃子がみゆきに真人を紹介。

桃子がついに真人をみゆきに紹介する。

頑なに、真人との交際を反対してきたみゆき。

しかし実際に真人を見のあたりにすると・・・イケメンで優しい雰囲気を持っていた真人に好感を覚えてしまう。

反対なのは変わりないが、2人の交際を認めざるを終えない状況に。

桃子に対して絶対に幸せになれよと言葉を送る。

安達家でみんなとクリスマスパーティー

桃子と3人の弟たちは真人・みゆきを読んで一緒に鍋パーティーを開催する。

一気に話が盛り上がり仲が良くなった7人。

悟志と日南子

父の頼みで、跡取りをする働いているホームセンターの代表取締役を務めることになった悟志。

経営者側になるので、他の店や部署に異動しなければいけない。

とうとう日南子に伝える時が来た。

日南子にプロポーズをする悟志。

いつものようにホームセンターで仕事をしている日南子。

しかし、スーツ姿の悟志が目の前に現れる。

日南子に「俺のことをずっと好きでいてほしい。」

そういって日南子にプロポーズをした悟志。

その光景を見て、びっくりする桃子。

感激する日南子。

返事は当然OK。

しかし、そのことで悟志に付いて行くか?迷っていた日南子。

決断をして、悟志に付いて行くことに。

そして移動をすることになるのだが・・・場所は関東近辺という事でまた桃子や沙織とも会えるということに。

悟志の実家に挨拶しに行く2人。

悟志の親族に挨拶をしに行くことになりと緊張する日南子。

悟志の実家の豪邸を目の前に帰ろうとするが悟志に勇気付けれられて挨拶に向かう。

意外なことに、悟志の親は日南子の事をすごく気に入り結婚式を早く使しよう話しをする。

日南子は嬉しそう。

社長の跡取り息子の悟志と結婚お話になる。

だが、悟志はあまりにも急なことでプレッシャーを感じてしまう。

結婚式の計画をする2人

街中でデートをしながら結婚式の事を考えた2人。

日南子は別に、悟志と一緒に居れれば、結婚式はしなくていいと話す。

しかし、それでは、悟志の親族側が許してくれないので結婚式は挙げると話す。

これからの日南子

日南子は、悟志の事業を支える事になるのでホームセンターの社長夫人兼、責任者としてのホームセンターのチーフになったこと桃子たちに伝える。

悟志が社長の息子だったことにびっくりした桃子達。

そして、社長夫人になったことで沙織や福代さんに羨ましがられる。

しかし

日南子の肩書が変わっただけで・・・今までと何も変わらないことに喜ぶ売り場のみんなと桃子たち。

これからもビシビシ行く!!と1Fのみんなに気合を入れる日南子。

みゆきと和輝

会社が倒産してしまって無職になったみゆき。

休職中で職業安定所を訪れるが、良さげな求人が見つからない。

そんな、落ち込んでいるみゆきに対して和輝は「大学を卒業すれば、僕が働いて養ってあげるから、無理しなくてもいいよ」と優しい言葉を送る。

求職中でもみゆきは和輝と甘い毎日を過ごしてしまう。

そのことについて罪悪感を感じてしまい、桃子に相談して自分を厳しく怒ってほしいと頼む。

怒ることを頼まれて困った桃子。

仕方なくみゆきに「活」を入れてあげることに。

悩んだ時も、苦しい時も和輝がそばにいてくれる。

クリスマスデートをするみゆきと和輝

クリスマスに和輝とデートをしているみゆき。

みゆき「イブの夜に神様はいる!!」

そう思えるような幸せな日々を過ごしていた。

マフラーを2人で巻きながらキスをする2人。

藤吉と貴子

真人と桃子が付き合いだして幸せいっぱいの貴子。

貴子さんは「自分の幸せを探した方が良い」と過去に伝えた藤吉だったが・・・

貴子は一向にも、藤吉の気持ちには気づかない。

川上さんに「貴子さんを幸せにしてやれよ」と言われた言葉を思いだして・・・

貴子に告白をするためにデートに誘おうとする。

安達家に呼ばれた貴子

弁当屋の藤吉で働いている貴子のもとに、桃子の弟たち3人が真人の母親の貴子に挨拶をしに来た。

可愛い弟たち3人を見て、うれしそうな貴子。

弟たちに誘われて安達家のパーティーに行くことに。

最後のまとめ

交際が順調そのもの3組。

最終回だしみんな幸せになることは予告編で分かっていました。

桃子の周りにいる人たち、みんなが未来に向かってどう動いていくかだと思いました。

悟志さんと日南子さんが結婚したので、今度は桃子と真人が結婚すると予想できます。

ぜひ、ハッピーエンドで終わって欲しいですね。

感想

最終回は予想どうりの展開でした。

日南子と悟志の結婚式まではいかなかったですね。

でも桃子が想像していた幸せが、安達家の4人と貴子さん・みゆき・真人が一緒の屋根の下で暮らすことだったとは少し意外だったかもしれません。

そして、藤吉さんの恋はどうなったのでしょうか・・

悟志さんが日南子さんにプロポーズした時、感動して泣いてしまいました。

少し古臭い昭和感が否めなかったですが、後半からは・・・泣かせてくれる良いドラマでした。

後半から、若干視聴率も上がり始めた様です。

最初は、桃子のイメージが合わないと言われていたけど頑張って演技しきった有村架純さん

演技が凄い林遣都さん。

そしてベテランの藤木直人さんと和久井映見さん。

度アップの描写が面白かった小池栄子さん。

役柄で変な衣装を着せられていた奈緒さん。

今回役者デビューのジャニーズの高橋海人君。

哀愁漂う光石研さん。

次男役の背が高いイケメンの日向亘君。

若いのに演技が良かった、3男役の南出凌嘉君。

コミカルな役で面白かった、やついいちろいさん。

 

その他の出演者さんたちの今後の活躍を願っております。

ABOUT ME
kinokuni0308
最近はソファーで愛犬とゴロゴロしながらTVドラマを見ることにハマっています。 シニア犬のシーズとミニチュアダックスフンド×トイプードルのミックス犬(子犬)の合計2匹の犬と生活していてとても毎日にぎやかで楽しい生活を送る中、他の愛犬家と愛犬の健康と幸せをモットーに情報を伝えて行こうと、このサイトを立ち上げました。