愛犬と幸せな生活

犬の去勢についてメリット・デメリットを解説。

犬の去勢手術によって考えられるメリット・デメリットをお伝えしていこうと思います。

 

この記事を読むことであなたの愛犬が去勢手術することによってどういった変化があるか?

知識が身に付けることで愛犬と生活するにあたっての選択肢と可能性が広がることでしょう。

犬の去勢手術で起こる変化とメリット・デメリットを解説。

メリット

去勢手術する必要性にあたって、無駄な繁殖防ぐことが出来るという理由が一番多い意見です。

多頭飼いされていたり、近所にメス犬いたりすると、発情した愛犬によって繁殖するリスクが頭をよぎる場面が出てくるのではないでしょうか?

こういった悩みを解消することが出来ます。

ストレスを無くす

本能意欲求が強いのにその欲求を発散出来ないと犬には相当なストレスかかります。

去勢をすると本能が減り発情をしなくなるので、発情によって交尾が出来ないストレスが無くなります。

女性には分からないかもしれませんが、私たち男性にはなんとなく分かるような気がします。

飼い主でもあるあなたも、愛犬の困った行動での悩みが少なくなるでしょう。

病気の予防

精巣腫瘍前立腺疾患睾丸腫瘍などの性疾患関係の病気になる確率が下がります。

避けられる病気があるなら、心配が少しでも無くなるのでこれはとても良いことだと思います。

マーキングが軽減される。

手術後は少し解消される可能性があります。

ただし犬のマーキング自体は、発情や交尾関連以外でも用途がある縄張り意識や他の犬との情報伝達にも使われている本能による行動ですので

そこまでマーキング減るといった事は期待しない方が無難でしょう。

またマウンティング自体も正常な犬がする行動なので減ることにそこまで期待しないほうが良いと思います。

デメリット

肥満になりやすい。

ホルモンと生殖機能が低下する事になるので、エネルギー消費が少なくなり今までよりも太りやすくなるというデータがあります。

ホルモンって体の筋力を作ることにも関わっているので、筋肉量も落ちて代謝も落ちるのでしょう。

オスとしての機能が無くなる。

生殖機能が当然なくなるので、子供を作れなくなります。

またオスはメス比べると外見的にも毛並みが良かったりしますが、性ホルモン低下により強いていえば毛並みが悪くなるといったケースも僅かですが考えられます。

ホルモンが減少するので異性をひきつける魅力が減少していくといった感じでしょうか?

でもその分、あなたが可愛がって一緒にいてあげるので大丈夫ですね。

手術の失敗

滅多にないのですが、麻酔量などを間違えたなどの原因で、ごく稀に愛犬眠ってしまったままそのまま死んでしまうケースなどがあります。

犬の去勢手術は最も難易度が低いとされていて多くの獣医さんが豊富に経験されていることから、失敗することはまずありえないことなのですが、手術の成功は絶対100%ではないことも頭に入れておきましょう。

去勢手術について

犬の虚勢する時期として生後6ヶ月から一年が良いといわれており、若い方が体力もあり手術後の回復早い傾向があります。

普段から毎日一緒にいるあなたが、ベストだと思う時期や、あなたのスケジュールも考慮しながら獣医さんに相談して決めるのが良いでしょう。

手術の費用は小型犬で大体2万円から3万円程度になります。

精巣が入っている睾丸を摘出する手術になります。

1手術自体にかかる時間は15から30分位。

手術かかる期間は術後の安静を取って1泊2日病院に泊まることが多いです。

手術させるかどうかはあなた次第。

愛犬の体にメスを入れるということはとても重要なことであり決断力がいることですよね。

手術をするか、そのままにしておくべきか慎重に考える必要があると思います。

「去勢手術はワンちゃんの本能による部分を無くさせる事で可哀想」

人間の都合で・・・といった考えをされる方も中にはいらっしゃると思います。

必要でないと思えたのでしたら、手術をする必要もないです。

去勢手術をすることで今後の生活が豊かになると思えたり、メリットを感じ、あなたとワンちゃんとのライフステージに必要だと決断できれば去勢手術を考えてもよいと思います。

獣医さんや同じく犬を飼っている人に相談してみるのも良いでしょう。

相談する場合はこういったことがあり、悩んでいますと正直に全て話すことです。

全て話す事で、あなたの不安が軽減され冷静な判断を出来るようになります。

普段から獣医師さんと信頼関係を築くことも大切ということが良く分かりますね。

また去勢手術で改善される事と改善されない事があり、困った行動がなくなると思ったのに実際は無くならないということになってしまっては本末転倒ですよね。

個体差もあるのでしっかり聞いておくべきでしょう。

もしも万が一手術して後悔されたとしても、その分あなたは愛犬を今以上に大切に思うことができるようになります。

手術をしたことであなたと愛犬は勇気のある行動と決断をしたことになるのですから、寄りいっそうあなたと愛犬の絆が深まることでしょう。

あなたと愛犬が幸せでありますように。

ABOUT ME
kinokuni0308
シニア犬のシーズ2匹とミニチュアダックスフンド×トイプードルのミックス犬(子犬)の合計3匹の犬と生活していてとても毎日にぎやかで楽しい生活を送っております。 いち愛犬家として、他の愛犬家と愛犬の健康と幸せをモットーに伝えて行こうと・・・このサイトを立ち上げました。