愛犬と幸せな生活

犬と一人暮らしの留守番ついて重要なポイントと大切な事とは?

犬を一人暮らしの時に留守番させることについて大切なポイントと重要な心がけがあります。

 

一人暮らしで犬を飼われている人はお仕事や出かけた時、お部屋に一人っきりにさせてしまい愛犬にさびしい思いをさせてしまいがちだと思います。

また一人にさせて可哀想だと思ってしまうことあるかもしれません。

特にちょっとした日帰りや1泊2日の旅行など、長めの時間お部屋をあける場合など心配でしょうがないのではないでしょうか?

毎日仕事をされている飼い主さんのワンちゃんがきちんとお留守番をしてくれてたら安心ですよね。

今回はそういった時のために、愛犬の留守番させる場合にはどうすれば良いか伝ていこうと思います。

犬と一人暮らし時の留守番についてよくある質問と解答

留守番は何時間が限界?

犬の生活スタイルですが、満足のできる運動スペースや運動量・ご飯があって生きていくうえでの欲求が足りていれば家の中で後は満足して寝ています。

理想の留守番とは愛犬が家で寝ている時間が多い割合の場合がよいのです。

とはいったものの、実際に老犬を飼っている私からするとお迎えしないでグーグー寝ている愛犬を見ると何だが複雑な気持ちになりますが。

留守番をしているときでも運動量が必要ですのでできればサークルやゲージに入れるのは最小限にしてあげたいと思う方が多いと思います。

実際、私もそう思っています。

たしかにゲージに入れたまま何時間もジッとさせているのは、檻に入れているような感じがして可哀想かもしれません。

ですが、きちんとトレーニングや留守番に慣れさせておいて安心してゲージの中で寝ている状態であれば良いと思います。

理由として愛犬はもともと狭い穴の中で寝ているので本能的に安心を自覚させることができます。

留守番の安全

一番注意したい安全の確保として当たり前の話ですが、犬が届く場所に誤飲誤食してしまうようなものを置かないことです。

室内でフリーにしてあげるか、ゲージやサークルの中に入れるか、

意見が分かれるところですがあなたの愛犬にとってどれが一番安全で負担やストレスなどが少ないか考えて、どれがあっているか色々試行錯誤して決めてもいいでしょう。

いきなり長時間の留守番をさせるのではなく、少ない時間から初めて、徐々に時間を延ばしていきましょう。

室内の温度

犬の標準的な快適に感じる温度は22から25度だといわれています。

季節によりエアコンで調整してください。

基本的にはエアコンメインでの温度調整になります。

電気代がかかりますがそこは仕方が無いので、あきらめてください。

クーラー代を抑える方法を下にリンク張っておきますね。

簡単な愛犬の暑さ対策とクーラ代の節約方法

帰りが遅くなりそうで夜に冷えそうな日は、毛布やブランケットなどをゲージ入れといてあげましょう。

寒さ対策のリンクを下に張っておきます。

低コストで簡単・愛犬の健康のために出来る寒さ対策

TVやラジオを流す

人の声が聞こえるTVやラジオを流しておくのも良いといわれています。

もしあなたが、いつもTVをつけている環境でしたらお勧めです。

適度な音が、安心させてリラックスできることが犬にも効果があることがわかっています。

喫茶店やお店などゆっくりするところや時間性でお金を取るところは適度にBGMを流していますが、コレは店内で落ち着かせる為に流しているのです。

またテーブル製の客数で商売しているお店などは、BGMが無かったり、テンポが速い音楽を流していることが多いです。

テンポが速い音を聞くとそれに合わせて人間の行動が早くなる為、回転率が上がります。

出来るだけ退屈をさせないようにする

長時間の留守をさせてしまうと欲求不満になってしまい家の中をボロボロにしたり、物をこわしたり、無駄吠えなどの問題行動を起こすようになる可能性が高くなります。

特に子犬などを留守にさせる場合などにはオモチャをおいておくのも良いでしょう。

オモチャの特別感を出すために普段はおもちゃはしまっておいてくださいね。

犬は本来、集団で生活していたので孤独が凄く苦手な生き物です。

出来るだけ犬のひとりでの留守番は少なくしてあげるのが望ましいというのが本音です。

泊りがけの旅行をする場合などは、知り合いやペットホテルに預けるようしてあげることも考える必要があります。

こういうときのために事前に知り合いに家に遊びに来てもらってあなたの愛犬とコミュニケーションをとっておきましょう。

いきなり知らない人のお家に泊まりに来ても愛犬は落ち着かないでしょうし、ストレスを感じてしまいます。

また、長期の留守番にさせる場合は出かける前にたっぷりと運動させてあげましょう。

どれくらいの留守番なら大丈夫?

何時間の留守番なら良いのかという質問があると思いますが、それは犬の種類とかではなくあなたが飼っている犬自身の個体差によると思ってください。

1時間でも限界だという子もいれば8時間ぐらいまで大丈夫だという子もいます。

ですが、愛犬の体調や事故、トラブルが発生することを考えると、自力で何も出来ない犬を無人の環境に長時間ほおっておくのはとてもリスクが高いことを心得てください。

特に精神状態が不安定な子犬や、体が弱い老犬の場合できるだけ、短時間で済ませてあげたほうが理想的です。

最後に・・・

がんばって留守番をしてくれた犬には、帰ってきた後に散歩に連れて行ってあげたり、話をかけてあげたりしてあげてくださいね。

遊びに付き合うなどのきちんとコミュニケーションをとってストレスと不安をなくしてあげてください。

ですが一番大事なのはあなたの体です。

犬がいるのに旅行に行くのが気が引けるなどと思いがちな飼い主の意見もあると思いますが、私はそうは思いません。

あなたがストレスの解消や気分転換にバカンスに行くのもとても大切なことだと思います。

私も旅行が大好きです。

また、仕事で疲れたときやストレスを受けているときは無理をしない程度にほどほどにして体を十分に休んでくださいね。

ABOUT ME
kinokuni0308
シニア犬のシーズ2匹とミニチュアダックスフンド×トイプードルのミックス犬(子犬)の合計3匹の犬と生活していてとても毎日にぎやかで楽しい生活を送っております。 いち愛犬家として、他の愛犬家と愛犬の健康と幸せをモットーに伝えて行こうと・・・このサイトを立ち上げました。