気になるニュースやトレンド

法務大臣の川上陽子さんってどんな人?【菅内閣】分かりやすく説明。

法務大臣の川上陽子さんてどんな人なのか?分かりやすく説明していきます。

 

菅内閣のメンバーが決まり、法務大臣には上川陽子さんが引き続き就任されることが決まりました。

「川上陽子さんについてどんな人?もっと知りたい」

「川上陽子さんは、法務大臣として過去に何をやった人なの?」

といった人や知りたい人に向けて書いていきます。

政治って難しいですよね。

ですから、政治にまだあまり詳しくない方や最近、政治に興味を持った人に分かりやすいように伝えて行こうと思います。

この記事を読めば、政治が面白くなり興味が持ってるようになると思います。

是非最後まで読んでいってくださいね。

法務大臣の川上陽子さんってどんな人?(菅内閣)

法務大臣は、総理大臣に次ぐトップの人物でとても重要な事件や法律などを決めることが出来ます。

特に有名なのが、刑事訴訟における死刑執行命令にかかわって死刑を実行するか?などの決める権限を持っていることです。

分かりやすくリアルに伝えると・・・複数人を殺した殺人犯の死刑判決を執行するかといったことを決めたり、これからどうするかを決めることが出来ます。

その他に国の利害や存亡にかかわる関わる大切な訴訟などについても権限があります。

特に死刑制度においては、人の生きるか死ぬかを決めることが出来るので、日本で一番の責任を持った役職だといっても過言ではありません。

川上陽子さん(法務大臣)がどれくらい重要な人物なのか分かったと思います。

それではどういった人物なのか、経歴や過去に起こした出来事などを紹介していきます。

川上陽子さんの学歴

地元の静岡県の静岡雙葉(ふたば)中学校・高校を卒業後。

東京大学の教養学部に入学。

東京大学卒業した後は三和総合研究所(三菱USJリサーチ&コンサルティング)に入所。

1988年にハーバード大学に留学して大学院政治行政学修士取得されています。

東京大学は日本で一番頭が良い大学なのは有名ですが、更に留学してハーバード大学院を修士号を取得されています。

アメリカのハーバード大学の大学院は世界中から超優秀な天才が集まるということで有名です。

世界を代表する頭の良い大学(ハーバード大学院)の政治学などを世界中から集まるエリート達と成績を競ったり学んで修士課程を持って卒業した人ということになります。

言葉を選ばずに言えばエリート中のエリートです。

アメリカでも政策の経験をされています。

日本でトップの権限を持っているお仕事(法務大臣)に選ばれているのでこういった凄い人になってもらうのは納得できますよね。

その他に企業や団体での活動にも参加されておられたようです。

企業や団体で就いた役職や会長

三菱総合研究所研究員

グローバリング総合研究所代表取締役

米国上院議員(マックス・ボーカス氏)政策スタッフ

政界入ってからの活動や役職

上川陽子さんが政治家になってからの役職について説明していきます。

2000年に地元である静岡で初当選してそのまま政治家として活動されています。

学歴だけではなく政治家としても輝かしい実績の持ち主です。

政界で就いた役職

2000年

衆議院選挙(静岡)で初当選

2002年

IPU(列国議会同盟)女性会議第一副委員長

2004年

自由民主党女性局長に就任

総務大臣政務官に就任

2006年

自由民主党政務調査会副会長に就任

2007年

内閣府特命担当大臣に就任

2008年

初代交文書管理担当大臣に就任

2009年

厚生労働委員会知事

2013年

総務大臣に就任

2014年

衆議院厚生労働委員長

第95、96第法務大臣に就任(初)

2016年

自民党司法制度調査会会長

2017年

第99、100代法務大臣就任

政治家になって早い段階で法務大臣など責任がある大役に就いているのが印象的で、女性という不利な面を感じさせないぐらい圧倒的に優秀な人だと思います。

川上陽子さんを代表する主な事件や活動

川上陽子さんは2000年から、政界に携わっていますので様々な活動履歴があります。

代表される2つの事件と活動を見ていきましょう。

選挙法違反の疑いで逮捕

2009年の衆議院選挙で、川上さん自身が政治活動する際にスタッフがアルバイトの女性に投票に依頼する電話をかけさせていた事が分かりました。

その結果、罰金刑とスタッフ2人が書類送検されることになりました。

この件に対して川上さん自身は「把握していなかった」

スタッフも「違法性があると思っていなかった」

と回答しています。

本当に把握していなかったのか?疑問が残りますよね。

この時の選挙は落選しています。

オウム真理教員の死刑を確定

法務大臣には死刑執行について決める権利がある事を最初に伝えたと思います。

まだ最近で記憶が新しいですが・・・

川上陽子さんが法務大臣の時の2018年にオウム真理教幹部の死刑を執行させるか決める会議が行われました。

その時に死刑を執行するという判断をして死刑を確定させたことで話題になりました。

オウム真理教祖の松本智津夫教祖(麻原彰晃)を死刑に執行したのは川上陽子さんです。

死刑については賛成の意見が多かったですが、反対する声もあり中には川上さんを叩く意見もありました。

まとめ

川上陽子さんがどういう人なのかをまとめると以下の通りになります。

川上陽子さんはどんな人?

東大を出て、ハーバード大学院の修士課程を取得した超エリート。

オウム真理教幹部(麻原彰晃)の死刑執行をした人物。

政治活動中に選挙法違反で捕まったことがある

川上陽子さんは経歴や学歴を見る限り、私たちが想像できないぐらいの努力をしてきた上に類まれな頭脳(天才)をもった人物だと思います。

自分のオフシャルサイトを持っており活動をサイトで報告されているのも好感が持てます。

菅内閣での今後の活動について、更に日本が躍進できるように期待をしております。

ABOUT ME
kinokuni0308
シニア犬のシーズ2匹とミニチュアダックスフンド×トイプードルのミックス犬(子犬)の合計3匹の犬と生活していてとても毎日にぎやかで楽しい生活を送っております。 いち愛犬家として、他の愛犬家と愛犬の健康と幸せをモットーに伝えて行こうと・・・このサイトを立ち上げました。