気になるニュースやトレンド

ミカヅキ上田|年齢、ブル中野の弟子?ゴキブリを食べていた?ブレイキングダウン出場

お笑い芸人のミカヅキ上田さんについて紹介していきます。

オーディションで、てんちむさんにビンタをかまして喧嘩を売り、存在感をアピールして出場の権利を獲得できたミカヅキ上田さん。

https://twitter.com/ueda3mo/status/1547780491700731910

そんなミカヅキ上田さんをプロフィール、年齢、体重格闘スタイル、エピソードを紹介していきます。

ミカヅキ上田、プロフィール紹介、年齢、格闘技スタイルは柔道?

ミカズキ上田さんのプロフィール

本名  謎

生年月日 1988年 5月19日生まれ 34歳

身長 体重 163cm 55㎏~61㎏(推定)

出身 三重県

趣味 ポールダンス アニメー鑑賞 動画編集

格闘スタイル 柔道&プロレス

特技 クレーム対応

好きな食べ物 台湾まぜそば

ミカヅキ上田さんの気になるエピソードや彼氏

オーディションで、ゴキブリを食べていましたと発言。

気になったので調べてみました。

ゴキブリを食べていた事は本当?

オーディションで朝倉未来さんに芸人でも売れていなくて、生活が苦しくてゴキブリを食べていたと発言されています。

本当なのでしょうか?

調べたのですが、そういったエピソードを話されたソースがないので本当かどうか分かりません。

可能性と言えば、普通の家に出現するゴキブリではなく、食用のゴキブリをTV関係の企画か何かで食べたんだと思います。

家にいるゴキブリを食べて生活しているなんて危険すぎてありえないですからね(笑)

バイ菌と寄生虫だらけで大変になります。(笑)

ブル中野さんの弟子?あるいはリスペクト?

ブル中野さんとの関係は、応援してもらっているとのこと。

ブル中野さんの試合を見に行かれたり、実際に会いに行かれています。

オーディションでもブル中野さんを意識した顔のメイクをされています。

ブル中野さんは昔プロレス全盛期時代のヒール役でダンプ松本さんとコンビを組んで一世を風靡したスター選手です。

もともとの格闘スタイルの柔道とブル中野さんを意識した柔道&プロレスで戦うとのこと。

ブル中野さんをリスペクトしているあたりなかなか良いセンスの持ち主だと思いました。

ミカヅキ上田さんは顔が大きい?

てんちむさんとの乱闘は39秒あたりから。

てんちむさんと並んでいるときに気づいたのですが、ミカヅキ上田さんは顔が大きいですね。(笑)

てんちむさんが顔が小さいということもありますが、女芸人で顔が大きいということは存在感をアピールすることができます。

舞台での役者さんは顔が大きいこと映えるので長所です。

顔が大きいのはプラス要素ですね。

ブレイキングダウンに出場した理由

自殺を考えている奴は私を見ろ!!

世の中に絶望して自殺を考えるぐらい絶望して辛い思いをしている人たちに対して、勇気づけるために「私は有名にならなければいけない」という強い意志を感じました。

自殺を考えている様な人に対して、私も死ぬ気で頑張るからお前らも生きろ!!と熱いメッセージを語ってくれました。

てんちむとの試合をあきらめていない。

朝倉未来の周りにいるキャバ嬢みたいな奴ら(てんちむ)が気に食わないとコメント。

てんちむさんみたいな女性を許せないのでしょう。

いつか、リングの上に引きずり出してやると語っていました。

てんちむVSミカヅキ上田さんのカードは絶対面白いですね。

あきらめないで、いつかてんちむさんと戦ってほしいです。

彼氏はいる

ミカヅキ上田さんは、彼氏がいるとのこと。

ご自身でTwitterで彼氏さんとの写真をあげられています。

ミカヅキ上田さんまとめ

ミカヅキ上田さんまとめ

①柔道&プロレスの格闘スタイル

②ブル中野さんを崇拝&リスペクト

③顔が大きい(存在感がある)

④ゴキブリを食べていたエピソードは本当か分からない。

⑤てんちむとの試合をあきらめていない

⑥昔、イジメられていた。

⑦彼氏はいる。

最後に

ミカヅキ上田さんは頑張ってチャンスを掴んで欲しいですね。

対戦相手に勝って、女子枠をもっと盛り上げてほしいです。

いつかは、てんちむさんとの対戦も見てみたいです。

ミカヅキ上田さんの今後の活躍に期待です。

試合には、負けてしまいましたが次の出場に期待しています。

ABOUT ME
kinokuni0308
最近はソファーで愛犬とゴロゴロしながらTVドラマを見ることにハマっています。 シニア犬のシーズとミニチュアダックスフンド×トイプードルのミックス犬(子犬)の合計2匹の犬と生活していてとても毎日にぎやかで楽しい生活を送る中、他の愛犬家と愛犬の健康と幸せをモットーに情報を伝えて行こうと、このサイトを立ち上げました。