愛犬と幸せな生活

犬と人間の関係。歴史を遡って分かる過去と衝撃的な事実とは?

犬と人間の関係について昔と今の付き合い方の変化と過去の事実について伝えて行こうと思います。

 

今更?という人も中にはいらっしゃいますが犬と人間の付き合い方には様々な過去があり、昔から一緒に生きてきた動物なのです。

ペットや家族だけではなく警察犬や盲導犬など様々なところで私たちの生活には欠かせない家族の一員になっています。

最近はペットも多様化しており猫も人気ですね。

ですが犬との生活は奥が深いがゆえに、私はペット=犬という不動の地位を築き上げてきたと思っています。

現に一緒に生活していますし楽しい毎日を過ごしています。

ワンちゃんを飼っているあなたや私でもまだまだ知らないことがたくさんあります。

人間と犬の関係と歴史について一緒に勉強していきましょう。

この記事を読むことで、愛犬のことをより深く知ることができるでしょう。

犬の歴史

犬と呼んでいる生き物は「イエイヌ」という種類でした。

このイエイヌは家畜化されたオオカミに人の手で派生させた動物で、北半球で生きてきたタイリクオオカミを品種改良された動物だとされています。

現在では多くの人に愛されてたくさんの種類が存在しますよね。

昔から古く人と一緒に暮らしてきた犬が、どのような習性や生態を持っているかなどを知ることによって、

あなたのワンちゃんを見る目が変わるかもしれません。

犬と人間が暮らし始めるきっかけ

人と犬が暮らし始めたのはすごく昔の話で1万5000年前の事。

犬の先祖であるオオカミは群れを作って狩猟をする動物でした。

遠い昔、私たち人間も定住せずに移動しながら狩をして

食べ物を獲得して生活していました。

人が移動しながら食料を調達しているうちに少数のオオカミが人間の後を追って移動すれば

残り物にありつける事を気づいた事が始まりだといわれています。

それから人間とオオカミの距離は少しずつ近くなっていき人間が定住生活をする様になった時には共に一緒に暮らすようになりました。

このことが人と犬の生活での歴史の始まりだといわれています。

犬と人間がお互いを必要とする関係

大地では早く走ることができて、森の中でも障害物を避けながら獲物追いかける能力を持っている。

更には優れた嗅覚で獲物を探る能力を持っていた犬は、人にはない狩猟の能力を持った強力なパートナーだったのです。

人間からは餌をもらいながらも外敵から身を守ってもらえるので犬にとっても好都合だったのです。

犬と人間がお互いの能力を上手く使って狩猟も効率よくすることができました。

しだいに人も豊かになっていくに連れて狩猟だけではなく、畑や牧蓄ができる様になり牧羊犬などの狩猟以外での働きをできる犬も登場するようになり犬の働きも多様化していきます。

日本での犬と衝撃的な事実

弥生時代の犬は狩猟犬もいましたが人間のタンパク源だったという過去を伝える資料があります。

長崎県の辻遺跡から殺されて食べられていた後とされている犬の骨がたくさん発見されています。

という報告があります。

弥生人は農作生活をしていましたが犬は食用とされていたそうです。

このころから害獣から守るための番犬の役割が始まったと伝えられています。

自分たちは犬に守ってもらいながら、犬を食べていた過去があったなんて私も始めて知りました。

人間とは身勝手な動物なのですね。

人間が仕留めた獲物を咥えて持ってくる猟犬

家の前にいて不信な人物を寄せ付けない為に飼っている番犬。

時代がさらに進むに連れ日本でも犬は、様々な役割を果たす「家畜」として飼われてきましたが時代が進むにつれて次第に愛玩用や「ペット」という形でむかえられる様になりました。

その頃はまだペットだけではなく犬と犬を闘わせる「闘犬」や人を楽しませる道楽の為の動物みたいな役割を持っていました。

また江戸時代に入ると、動物愛護の先駆けといわれる徳川綱吉の登場により更に犬がペットとして身近な生き物として知れ渡るようになります。

この頃になると日本にも犬のペットショップがあり大名や豪商にペットとして犬を販売していました。

犬が大好きだった綱吉は100匹もの犬を飼っていたという話があります。

また、それだけでは満足せず中野区役所の近くに30万坪の犬専用のお屋敷を作り8万匹の犬を飼っていました。

私たちも犬が大好きですが、徳川吉綱は犬が大好きとかそういう次元ではないぐらいの犬好きだったのでしょうね。

中野区役所の前では、今でも犬屋敷があった事を伝える石像があります。

犬の生態

犬はオオカミからの派生で生まれた動物ですので、オオカミに縁が近く生態もとてもよく似ています。

人と暮らすようになった犬は人間から餌をもらえるようになり次第に集団で狩をする必要性がなくなり、人間から分け与えられる食べ物が主食になっていきました。

次第に人間の食べ物を効率よく吸収できるように体も変化していき元々は肉食だったのが人間と同じ雑食動物になっていきました。

最後に犬はペットから家族へ

家畜からペットになりさらに現在では家族の一員として迎えられ私たちの生活で一緒に過ごしていることが当たり前の生活になりました。

ですが、残念ながら世界では犬の「命の処分」が大量に行われています。

人と犬の関係性は私たち人間の身勝手な理由で犬の命が奪われているという事実があるのです。

そうならないために

あなたには最後まで責任をもって愛犬と一緒に幸せを感じながら生きて欲しいのです。

私たちはこれからも犬と良い関係であり続ける必要があるのです。

歴史から犬を学ぶことも必要だと思い記事を書かせていただきました。

あなたとワンちゃんがいつまでも幸せでありますように願っております。

ABOUT ME
kinokuni0308
シニア犬のシーズ2匹とミニチュアダックスフンド×トイプードルのミックス犬(子犬)の合計3匹の犬と生活していてとても毎日にぎやかで楽しい生活を送っております。 いち愛犬家として、他の愛犬家と愛犬の健康と幸せをモットーに伝えて行こうと・・・このサイトを立ち上げました。