愛犬と幸せな生活

ドッグフードの原料4Dミートやミールなどについての危険性と説明。

ドッグフードの原料4Dミートについての危険性とどういう物なのか説明していこうと思います。

 

「ドッグフードの裏のパッケージに書いてある肉副産物とか○○ミートや○○ミールって何のこと?」

「肉を加工して、たんぱく質を取れるようにした原料のことでしょう?大丈夫だよね・・・うん」

などど疑問に思ったり・・・しつつも頭の中で「大丈夫!・大丈夫!」と納得しているあなたに伝えていきます。

粗悪なドッグフードに使われている肉副産物や○○ミート○○ミールといった肉の成分の正体は・・・なんと4Dといった安全性が最下層のランク順位の肉を原料にしたものなのです。

私たちにとって愛犬は家族同然で、なるべくなら悪い物を食べさせたくないですよね。

そのため、良質なドッグフードを選んでいる方がほとんどだと思います。

しかし、ドッグフードに使われている動物の肉成分の4Dミートミール

これらに使っている動物の肉について疑問を感じる愛犬家たちが多いのも事実です。

その背景には理由や歴史があります。

これから掘り下げて説明していきますので是非最後まで読んでいってくださいね。

目次をクリックしていただけるとこその箇所に飛ぶことができます。

ドッグフードの4Dミールやミートについての説明

4Dはなぜ使われているのか?それは犬は肉食寄りの雑食性でタンパク質が必要だからです。

そしてドッグフードを作っているメーカーは総合栄養食といった名目で商品を出すにあたって、各栄養素の基準値をクリアしなければいけません。

栄養素の数字を出すために添加物や様々な化学調味料などを利用して販売するといった方法を採用しています。

犬の食べ物として肉(たんぱく質)が必要。

犬の先祖である狼(おおかみ)は狩猟をして主食として肉を食べていました。

冒頭で話したように、犬も同様で肉食がメインに近いの雑食性の動物です。

そこで一番必要な栄養素は動物性たんぱく質になりますが、たんぱく質は動物の肉に大量に含まれています。

犬にとって動物の肉を与えることが、一番良いのですがそこで問題が発生します。

なぜなら人間用に売られていたりする肉は高価だからです。

しかし、大衆向けに作っているドッグフードは高いと購入に結びつきません。

そこで価格を抑えてみんなが買いやすいようにドッグフードに肉の素材を使って肉に似た臭いや味付け・風味が出る4D素材を使う方法が最もコストが抑えられて企業からしたら都合が良いのです。

4D素材は肉の風味や動物性たんぱく質が確かにあります。

正確に言うと必要なタンパク質の数字を試験の時に出すことができます。

しかし、時代が進み最近になって4Dに使われている肉の品質について問題視されています。

また、タンパク質が不足すると犬の体は様々な障害をきたす可能性があります。

4Dに使用されている肉は以下の品質の肉になります。

食肉加工で人間が食べれなくて使わない部分の動物の骨・肉片や内臓を使っています。

そのほかに、人間用の食用肉で残った内臓や骨など廃棄処分される部位からも調達しているとの噂があります。

4DとはDの頭文字をとった意味で作られています。

Dead 死んだ動物の肉

Dying 死に掛けている動物の肉

Disabled 障害のある動物の肉

Diseased 病気の動物の肉

上記の通り

ひどい場合は病気や感染症瀕死な動物の肉薬物で安楽死させた動物の肉などを使われている可能性があります。

こういった肉は動物の病気や感染症もさまざまなので体内にあるガン細胞病原菌を持っていたことも簡単に予想できます。

4Dはそういった動物の肉を使っている可能性があるので、人が食べれる食品レベルではないのです。

4Dの肉は人間の食べ物には適用されずに、主に飼料用やドッグフードに使われています。

日本のペットフードは元々飼料用として作られたものを改良されたものですので、こういった原料や製造方法を使っているメーカがたくさんあります。

残念ながらドイツやイギリスなどでは、こういった事を明確に表示させるルールなどががあるのに対して、日本ははそこまでペットフードの法律は厳しくないのが現状です。

4Dの肉の加工方法

4Dの肉を加工する方法としてレンタリングという方法を使って加工します。

このレンタリングによってドッグフード以外にも飼料・肥料、油が取れるため石鹸など作る事が出来ます。

ドッグフードの場合は4Dの肉などを熱で処理をして粉砕して圧縮してミール肉骨粉動物性脂が生産されています。

4Dミートはレンタリングされた後の最終加工された状態になります。

これらの素材に添加物を加えて、香りと味を調節して腐りにくいように防腐剤保存料、着色料を使用しています。

レンタリングという方法は余った肉を無駄なく利用できるし、食べられた動物の命を無駄にすることなく使う技術なので、とても良い事だと思います。

大手の食品販売会社が自社で、こういった食品加工の事業を行っています。

更にこういった肉を材料として使えば普通に売られている肉を使うよりも大幅に安くコストを抑えることができるので、大量に生産して安いドッグフードを幅広く消費者に届けて売ることができます。

また愛犬の食いつきを良くするために、人口添加物酸化防止剤などオイルコーティングしていますので、愛犬もとても美味しそうに食べるでしょう。

しかしこういった4Dミート添加物を多く投入したドッグフードを体の小さい愛犬が毎日食べると、将来にわたり危険な病気になることや、何より愛犬家たちが不安になる事は確かです。

病気になると高額な医療費がかかってきますし、愛犬も病気で痛くて辛い思いをするでしょう。

そう考えたら、少しでも価格が高くても良いドッグフードを食べさせてあげたいというのが私たちの思いですよね。

4Dミートを愛犬に食べさせないようにするには

4Dミートや訳が分からない原材料から作られているフードを食べさせたくないのであれば、自分で愛犬用のご飯を手作りしたりヒューマングレードのドッグフードを食べさせる必要があります。

しかし、自分でドッグフードを作るのは手間とコストがかかります。

ですからこういった4Dミートを避けてきちんとした素材がはっきり書いてある、透明性が高いヒューマングレートのドッグフードを探すことをお勧めします。

4Dミートにも良いところがある

しかし、一概に4Dミートが悪いところだらけというわけではありません。

レンタリングされた内臓血液・などの肉以外の栄養分でもミネラルビタミンを摂取することできる場合があります。

冒頭でも書きましたが、犬や肉食動物は獲物の肉だけではなく、それ以外の部分を小さく噛み砕いて栄養を取っていて生きていました。

でも変な肉や危ない肉を使っているドッグフードは絶対嫌ですよね。

ヒューマングレートとは?

ヒューマングレートとは、人間でも問題なく食べることができる品質という意味です。

当然愛犬に食べさせても安心できる食材を使っています。

しかし、パッケージの表にヒューマングレートやプレミアムフードと書いているからといって、安心しないできちんと裏の原材料も確認してください。

理由はプレミアムフードと商品に明記すること自体は、何のルールも無く記載することが出来るからです。

ですが、プレミアムドッグフードといった製品にこういったヒューマングレートを基準にしたフードが多いのが事実です。

ドッグフードの選別の仕方として

品質が良いドッグフードには、動物のたんぱく源としては、4Dミートを使用していなくて「牛肉」や「チキン生肉」「サーモン」と原材料についてきちんと表記があります。

粗悪なものは「○○ミート」「○○ミール」「乾燥○○」「○○粉」「○○副産物」「動物製油脂」といった製品はもちろん「肉類」や「豚、鳥等」などといったあいまいな書き方をしているドッグフードが多く、安全とは言い切れません。

人工添加物不使用」「肉副産物をつかっていない」と記載しているものがありますがそういったものであれば、4Dミートは使っていない可能性が低いと考えてよいでしょう。

そしてドッグフードの価格帯です。

1kg辺り、1000円以下のフードは、あまり良い原料を使っていないフードが大半です。

フードの裏の原料を確認してもらえれば分かります。

最後に・・・

なぜ4Dミートが話題になっているかというと実際はどういった肉を使っているか分からないという事にあります。

どういったフード用の肉を使っているなどレンタリングしているところや各メーカともにフードの生産方法が違います。

4Dについて粗悪な肉を使っているという事はあくまで可能性があるとしかいえません。

「いや、ここまで話しておいて事実は分からないのか」って声が聞こえて来そうですが、ドッグフードメーカーに肉を卸して提供している業者は沢山ありすぎて一言に決め付けることは出来ないのが現状です。

しかし、低品質なドッグフードを見分ける方法はあります。

低品質なドッグフードの見分け方は、目安として価格や原材料を見れば大体すぐに分かります。

1㌔1000円以下の市販されているドッグフードはコスト削減のため添加物4Dミートが使われていることが多いです。

また、1k500円などは一般的に有名でもホームセンターやコンビニで安売りされているフードはできるだけ避けましょう。

ドッグフードは愛犬のお腹や空腹感を満たすだけのものではありません。

経済的にきつくなるのはわかりますが、愛犬の健康のことも考えてあげるべきでしょう。

できればヒューマングレートのプレミアムドッグフードがお勧めですが、高品質のため値段が高いというデメリットがあります。

しかし値段に限らず、フードに対してあなたが納得できるか成分表などをきちんと確認してドッグフードを選ぶといったことが大切です。

私がお勧めするドッグフフードを最後に紹介しています。

気が向いたらで良いので参考程度に見てもらえればと思います。

ABOUT ME
kinokuni0308
シニア犬のシーズ2匹とミニチュアダックスフンド×トイプードルのミックス犬(子犬)の合計3匹の犬と生活していてとても毎日にぎやかで楽しい生活を送っております。 いち愛犬家として、他の愛犬家と愛犬の健康と幸せをモットーに伝えて行こうと・・・このサイトを立ち上げました。