愛犬と幸せな生活

高いプレミアムドッグフードには何が含まれているのか?成分や原料

高いプレミアムドッグフードには何が含まれているの?明確な違いを説明していきます。

 

「プレミアムドッグフードって定義は何?」

「っていうか普通のドッグフードとどう違うの?教えて」

と思っている人のために伝えていこうと思います。

スーパーや薬局・コンビニに売ってある安いドッグフードに比べて倍以上の値段がすることもある『プレミアムドッグフード』という製品。

価格が高い分だけに、安いドッグフードより素材に対して信用することが出来て安心して愛犬に食べさせることが出来るといったイメージが湧きますよね。

しかし、いくら信用度が高いプレミアムドッグフードであっても、コストも掛かってくるし、愛犬が食べるものなので何が含まれているのかが気になりますよね。

実はプレミアムフードと名乗ることにルールや条件・規制などは無いのです。

ですから、販売業者が自由に名乗っても良いのです。

知らないでプレミアムドッグフードを選んでも、実はそこまで良い製品ではなかった。

ということが無いように、あなたはしっかり知識をつけて中身と原材料を確認する必要があります。

この記事を読んでいただければ、普通のドッグフードとプレミアムドッグフードの違いが分かるようになり、無駄に高いだけのフードを買ってしまうといったことが防げるようになります。

最初のほうでプレミアムフードと商品を売り出すことに関しては法律で定められた基準が無いと伝えましたが販売している大体の基準とあります。

その基準と普通のドッグフードとの違いを深く掘り下げて説明していこうと思います。

プレミアムフードと普通のドッグフードの違い

「プレミアムフード買ってみた」でも実は「高いだけで実は安いドッグフードと含まれているものが変わらなかったー」なんてただのお金の無駄遣いになってしまいますからね。

それでは今回はプレミアムドッグフードと普通のフードの違いについて紹介していこうと思います。

プレミアムドッグフードに含まれているものは、具体的には決まっていませんが、安いドッグフードに比べて当然質の良い材料が使われています。

プレミアムフードの場合

メイン素材に鶏肉鹿肉馬肉ラム肉サーモンマグロの肉なといった動物の肉を明確にはっきり書いています。

更にそれ以外の福材料にも、添加物を一切使わない、オーガニック素材を使用しています。

たとえば野菜や果物にしてもカボチャ、モリンガなどきちんと使われている野菜がはっきり記載しています。

プレミアムドッグフードは人間が食べることが出来るような材料が使われていているのでコストがかかり、高価になっていくのです。

安いドッグフードの場合

安いドッグフードに入っている材料は添加物が多くもともと飼料用の原料をベースを使っているので基本的に人間が食べると身体が拒否してお腹を壊してしまうものばかりです。

食べ続けると確実に癌(がん)などの重い病気を患ってしまう可能性があります。

名前も○○類や、○○等などあいまいで、記載しているものは原料そのものの名前ではありません。

これは加工して添加物を混ぜているためです。

更に色々な種類の最低ランクの安い肉(4Dを混ぜてレンタリング加工してドッグフードに混ぜている可能性があります。

更に食い付きをあげるために、香料など保存料着色料を入れています。

フードの原材料を見るときに最後の方にも見慣れない添加物の名前がぎっしり書いてあったら要注意です。

ドッグフードの主原料(タンパク質)の違い

犬は人間と比べて体重1㎏あたりの必要とするタンパク質が5倍必要といわれています。

ドッグフードの主な材料がとうもろこしなどの穀物類or動物や魚の肉である動物性タンパク質かでこの2点が主な違いです。

どちらも使われている材料に関しての違いですね。

安いドッグフードは主な材料が「穀物」が殆どをしめており、あまり肉は使われておらず使っていたとしても使用される肉は最下級ランクの4Dといった安いお肉のものです。

反対に高価なプレミアムドッグフードは主な材料が「動物性タンパク質」で使われる肉で鶏肉・鹿肉など人間が食べれるランクにあるものになります。

私達だってこだわりがある方はコンビニの弁当など食べずに高いお肉や野菜、乳製品などきちんと選んだり、自分たちで作ったりしますよね。

あなたも野菜を選ぶときに外国産より日本産を選んだり、お肉を選ぶときに品質を確認して買い物をする、などの経験あるのではないでしょうか。

同じく、愛犬の食事にもこだわりを持ちたい方は材料の違いがとても重要な違いと言えるでしょう。

愛犬には体に良い動物性タンパク質を使ったドッグフードを食べさせてあげたいものです。

良いプレミアムドッグフードの選び方

プレミアムドッグフードの中には、安いドッグフードの材料とあまり変わらないものを使っている粗悪品が紛れ込んでいる場合があります。

①動物性タンパク質がメインに多く入っていること

②グルテン(植物性タンパク質)が入っているものは避ける

③ヒューマングレート(無添加や4D)の基準を突破している

④100g当たり150円以上のドッグフード(それ以下の値段のドッグフードは、プレミアムフードと名乗っていても、主原料が穀物の場合が多い)

その他にも細かい基準はありますが以上4点が基本なので注目してプレミアムドッグフードは選んでみてください。

タンパク質が多く入っていること

元々犬は肉食ですので、どうしても穀物などは消化し辛い体のつくりになっていますから、肉に多く含まれるたんぱく質の方が胃に優しいからです。

そのため穀物などをあまり消化できずに食べてしまい下痢になったり便秘になったりしてしまうことがあります。

人間の胃も油まみれのものや、甘すぎるものなどは食べることは出来るけど、体に酷く害がないものや、症状が出にくい食べ物があります。

犬にとってはそれが穀物類なのです。

食べることは出来ますし何か酷く害が出るわけではありません。

ですがやはりあまりスムーズに消化することが出来ないのです。

もちろんすべての犬がそういうわけではないでしょうが、プレミアムフードを与える際には、肉にたくさん含まれている栄養の『動物性タンパク質』が多く含まれているものが良いでしょう。

グルテン(穀物)が入っているものは避ける

グルテンとは「穀物から出来るタンパク質」のことで、分かりやすく言えば植物性たんぱく質です。

このグルテンはタンパク質でありながら、とうもろこしなどの穀物なのです。

とうもろこしには動物性タンパク質が含まれています。

ですから、タンパク質を摂ることは大事ですがグルテン(動物性タンパク質)は避けなければいけません。

上記で説明した通り、穀物は犬の胃に負担がかかってしまう可能性があり、胃の調子がおかしくなる原因になってしまいます。

そのため、たとえタンパク質であっても、穀物から出来るタンパク質、グルテンは避けた方が良いのです。

なぜとうもろこしやグルテンを使うのか?

肉よりとうもろこしを使ったほうがが安く作れるので大衆向けに売って利益を出しているメーカー側はこぞってとうもろこしや穀物・または4D肉を原料にしていることが殆(ほとんど)といえるでしょう。

なんでそこまでするのか?総合栄養食として販売するのにあたって、規定の栄養素の数字をクリアさせる必要がありますのでタンパク質で安く数値を出せるコーングルテンを使用してい入るのです。

ヒューマングレートの基準を突破している

ヒューマングレートとは『人間が食べることが出来る材料で作られているかどうか』ということを表わしています。

私達が食べても何も害が無く普通に食べられるといった基準で作られていて、添加物を一切加えない無添加の素材を元に作られています。

つまり、この基準を突破していれば安全面でも高い評価が得られていると言えます。

たとえそれが確実に信用ならない基準だとしても、変に安いドッグフードを食べさせるよりはずっと良いでしょう。

ですので、プレミアムドッグフードを選ぶ時には、ぜひ無添加をチェックしてみてくださいね。

ヒューマングレートについては、先ほど話した4D肉添加物が関係しています。

元々ドッグフードは飼料用のメーカーが作った製品です。

人間の食品に対して使ってよい添加物は厳しくチェックされていて、10種類しか使うことが出来ないといわれています。

しかし、日本のドッグフード規正法はかなり緩く、使用を認められている添加物は300種類にものぼります。

また規制量も緩く、ほぼ放置状態といっても過言ではありません。

なぜ、添加物を加えるのか?

それは添加物を加えて、足りない栄養素を継ぎ足して総合栄養食の基準値を達成しているのです。

また添加物を入れて腐りにくいようにして、長い期間、店において売り出せるので利益を考えた場合販売メーカーによって都合が良いのです。

私達が普段食べているコンビニ弁当やカップ麺なども添加物が入っています。

100g当たり150円以上のドッグフード

スーパー売られている肉の値段とトウモロコシの値段を想像してみてください。

激安で肉が売られているとしても、どう考えても肉のほうが高くつきます。

100gの量で150円以下で動物性タンパク質のドッグフードは考えにくいのが普通です。

作られていたとしても、4D肉を混ぜて加工したものになるでしょう。

常識で考えたら、ある程度の基準の値段を超えたフードが良質なプレミアムドッグフードになります。

まとめ

 

今回はドッグフードとプレミアムフードの違いについて説明させていただきました。

愛犬には体に良いものを食べさせてあげたいと思うのは家族として当たり前のことですよね。

ですが、良いものと悪いものの見極め方が分からないのでは結局は意味がありません。

分かりやすくはっきり伝えるように記事を書いてしまったら、なんだかプレミアムフードの説明というより粗悪なドッグフードの説明になったような気がしますが・・・・

今回の記事を参考にして良いドッグフードを見つけることが出来ればと思います。

それではこれからも愛犬との楽しい生活を続けてくださいね。

ABOUT ME
kinokuni0308
シニア犬のシーズ2匹とミニチュアダックスフンド×トイプードルのミックス犬(子犬)の合計3匹の犬と生活していてとても毎日にぎやかで楽しい生活を送っております。 いち愛犬家として、他の愛犬家と愛犬の健康と幸せをモットーに伝えて行こうと・・・このサイトを立ち上げました。